読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンORAS幻のS18使用構築紹介&その他大会使用構築まとめ

こんにちは。幻のS18(?)では、少ししか潜れず20は行けませんでしたが自分なりにしっくりした自分なりのORAS使用構築の結論パができたので記事にしてまとめてみようと思いました。

 

パテの紹介から行きます。

f:id:miya3838380609:20161028210241p:image

 

S17での反省を活かし、バシャーモ、めざ氷持ちの電気タイプによるボルチェンがきつかったので初手に出して暴れてできるだけ有利にできるニンフィアを入れてみました。

実際かなり、刺さっていてとても使いやすかったです。(困った時はニンフからなげればいいや的な感じですw)

個別の個体の紹介です。

f:id:miya3838380609:20161028210737g:image

カビゴン

これは、前の記事で紹介した型を使っているので説明を省かせていただきますm(*_ _)m(ただめんどくさいだけとかじゃないです。はい())

 ページ→http://miya383838pokemon.hatenablog.com/entry/2016/10/18/091517

 

f:id:miya3838380609:20161028210935g:image

ボーマンダ

カビゴンとの相性はすごく良かったです。

というか単純に個々としてのスペックが高すぎた…

調整は少し変えました

H116-A172-B4-C0-D100-S116振りに変えました。

性格は意地っ張り。持ち物はメガ石。特性は威嚇→スカイスキンです。

技構成は、竜舞/やつあたり/地震/はねやすめです。

前のマンダは耐久に多く割き火力に全然さいてませんでした。するとかなり長く居座らなくてはならなくてなかなか舞えませんでした。

なのでできるだけ火力に振ろうと考えてこの調整案に至りました。

耐久調整としては、

C100振り(ちょうどガブが落とせる圏内)のやんちゃガルの冷凍ビームを確定耐え調整。

Sはメガ前最速ガッサ抜き調整(正直ガッサ抜き調整鬼火持ちドランが多くて苦戦したのでもう少しSに割いてもよかったかもです。)

Aは、1舞後ほとんどのガルーラを確定で持っていけるぐらいまで振りました(ABは無理です)

メガ枠が一つだけに選出率は、98%ぐらいです

なのでできるだけ多くのポケモンを見れるようにするならこれかなと思います。

 

f:id:miya3838380609:20161028212438g:image

ウルガモスです。

この構築の辛い構築に対して無理矢理出すといった救世主みたいな役ですねw

昔に作った個体なので努力値の調整は、わかりません。なのであまりおすすめはしませんが

いちおう…

H68-A0-B84-C116-D52-S188

性格は控えめ。持ち物はラムのみ。特性は炎の体。

技構成は、

蝶舞/はねやすめ/大文字/むしのさざめき

 受けループに対してもかなり強くだします。

ラッキーウルガモス対面でひたすら蝶の舞を積み、ちきゅうなげにたいしては、はねやすめで回復。それを繰り返しさざめきで無双します。

あまり選出できなかったのでサンムーンではウルガモスの枠変更しようと思ってます(´・ω・`)

 

f:id:miya3838380609:20161029142706p:image

ニンフィア

今回の構築の最も大きな変更点です。

この枠はもともと水ロトムでした。

しかし、いろいろ辛いポケモンが出てきてニンフィアにしてみました。(正直かなり使いやすかったです)

努力値はとある人のをパクったのでふせます…

性格は控えめ。持ち物はこだわりメガネ。特性はフェアリースキン

技構成は、

ハイパーボイス/サイコショック/めざめるパワー(岩)/寝言

めざ岩?!と思うかもしれませんが、

リザードンを倒すことを可能。

このPTでは処理しずらかったHDアローを簡単に狩ってくれます。

 

 f:id:miya3838380609:20161029202845g:image

キノガッサ

努力値ASぶっぱあまりB

性格は陽気。持ち物はきあいのタスキ。性格はテクニシャン。

技構成は、きのこのほうし/岩石封じ/マッハパンチ/種マシンガンです

いたってふつうのガッサですw

なんの面白みもない害悪ガッサですw

起点作りを阻止したり、相手への選出誘導にもなる子なのであまり選出はしませんでしたが影で活躍してくれた子だと思ってます。

 

f:id:miya3838380609:20161029182336g:image

ギルガルドです。

ガル軸にはいつも初手に投げてました。

ガルガブゲンに対するこの子の強さを改めて知りました…

努力値は、H252-A20-B236となっています。

性格は呑気。持ち物は弱点保険。特性はバトルスイッチ。

技構成は、かげうち/シャドーボール/せいなるつるぎ/キングシールド

この子はほとんどの物理に対して強く出せます。

呑気を採用した理由は、メガバシャのA特化フレドラを乱数で耐えてくれたり、意地鉢ガブの地震も乱数ですし、地震を打たれあとにゴツメが来たとしてもある程度は受け回せます。

ちょっと使いずらかった点としてはBにさいた分、ぽり2、ABガルに対面から勝てないことです。なのでもう少しBを削り、Aに回してもいいかもしれないです。

 

パテの紹介は以上です。

なんだかんだゆってこのパテは安定して勝てると思います。

夜明け杯は予選抜けできませんでしたが、有名強者の中、3勝1敗という成績を残せてかなり満足しています。

カビゴン使いたくなってみた、面白かったと思っていただけたら幸いです^^

最後に…カビゴンは最強です。マイナーの中でもすごく型が多くて判別しにくく自爆、ヨプのみカウンター、イバンのみ警戒etc…考えるときりがありません。

サンムーンでは、カビゴンが牙をむくのでみなさん気をつけてください^^

ポケモン約半年しかまだやってない初心者ですが、ここまではまれるほどすごい魅力があるポケモンは凄いと思います。

みなさん、ORASお疲れ様でした。

また、サンムーンで会いましょう^^